学園都市線の新駅「ロイズタウン駅」の工事と建設中のロイズふと美・新工場の様子を見てきた

当別町当別太にあるロイズタウン駅建設予定地(右側)とロイズふと美工場(左側奥) 2021年8月撮影

 
今回は、JR学園都市線(札沼線)の当別町エリアに新しく出来る「ロイズタウン駅」についてです。
現在建設中のロイズタウン駅の2021年8月現在の様子と同じく建設中のロイズふと美新工場の外観を写真に撮ってきましたのでシェアしたいと思います。

<過去の関連記事>


スポンサーリンク


 

JR学園都市線(札沼線)ロイズタウン駅の場所

先日、あいの里の歴史についての記事を書いたのですが、そのときに色々調べていて、Wikipediaの学園都市線(札沼線)の路線図に、すでにロイズタウン駅が載っていてびっくりしました。

Wikipediaの学園都市線の路線図。【引用元

あれ? もう新駅できたんだっけ?! いやいや、そんなわけないよね、毎日乗っているのに・・・、と思い、よく見たら「2022-」という表記がありました。

そうです。ロイズタウン駅は、当別町と製菓メーカーであるロイズコンフェクトホールディングスによる請願駅で、2020年10月に新設が決定しました。

場所はここ。

Googleマップにももう載っていますね。
あいの里公園駅と石狩太美駅の間で、国道337号線の少し北になります。

開業予定は2022年4月の予定。

ロイズタウン駅は、単にロイズ工場への観光客の誘致だけが目的ではなく、当別町としては、街の新たなランドマークとして期待しています。駅から東へ1キロちょっと行くと大きな道の駅もあり、それを含めた大きな観光エリアとして開発し、PRしていくようです。

どんなになるか、楽しみですね!

 

2021年8月時点でのロイズタウン駅周辺の状況

2022年4月に開業するならもう工事は始まっているだろうと思い、現地に行ってきました。その際の写真です。

ロイズタウン駅建設予定地(右側)とロイズふと美工場(左側奥) 2021年8月撮影

踏切の南側から撮影したロイズタウン駅建設予定地の現在の様子。駅舎の建築工事はまだ行われていない。2021年8月撮影

踏切の北側から撮影したロイズタウン駅予定地の現在の様子。2021年8月撮影

ロイズタウン駅の北側から駅前広場予定地を撮影。2021年8月

工事看板。ロイズタウン駅の駅前広場の軟弱地盤改良工事らしい。2021年8月


スポンサーリンク


 
こんな感じです。もっと激しく工事が行われているかと思ったのですが、まだ駅舎の建設は始まっていないですね。専門的なことは分かりませんが、杭や盛り土が見られ、工事看板を見ると、どうやら地盤改良工事をやっているみたいです。

 

ロイズふと美・新工場

新駅が開業した暁に、このエリアの観光の目玉になると思われるのが、ロイズコンフェクトふと美工場に現在建設中の新工場。

昨年(2020年)秋に訪れたときは、まだ足場と養生シートがかかっていてよく見えなかったのですが、今回はその姿を見ることが出来ました。

新駅の駅前広場の当たりから見たロイズふと美工場。左端の白い建物が新工場。2021年8月撮影

このあたりはこんな感じの田園風景なんですよね。のどかで北海道らしいとてもよいロケーションです。これは新駅の駅前広場の前のあたりから北向きに撮影した写真なのですが、田んぼの向こうに見える巨大な建物群がロイズコンフェクトふと美工場です。

そして、左端に見える白い建物が建設中の新工場。こちらは養生シートがとれて見えるようになったのですが、今度は旧工場部分が養生されていますね。併せて改修工事をやっているのかもしれません。

ロイズコンフェクトふと美工場の新工場部分。2022年稼働予定。2021年8月撮影

こちらが新工場部分の拡大です。もう完成したのかなと思いましたが、よく見ると窓ガラスにはまだシールが貼っていますね。新工場の稼働は2022年が予定です。

単なるお菓子を作るだけの工場なら観光の目玉になりませんが、工場内を見学する施設ができたり、直営店舗も現工場から移転拡張するようで、いろいろと楽しめる施設になりそうです。

ロイズのチョコレートはもちろん美味しい(世界的な味)のですが、ソフトクリームも絶品ですし、私がよく行く屯田店で売っているパンは究極に美味しいです。マジ最高! 毎日食べたい!

新工場の直営店舗に並ぶ商品がどんなラインナップになるかわかりませんが、期待は裏切らないと私は思っています。

新駅がオープンして新工場が稼働したら、ぜひ行ってみたいと思います。あ-、楽しみ!
 


スポンサーリンク