ティラノサウルスの足は意外と遅かった?! 人間やヒグマと走る速度を比べてみた

マンチェスター博物館に展示されているティラノサウルスの全身骨格化石標本。The original uploader was Billlion at English Wikipedia., CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

 
面白い記事を見つけたのでシェアします。

あの映画ジェラシック・パークにも出てきた恐竜の代表格・ティラノサウルスについてなのですが、近年の研究によれば、意外と足が速くなく、実は人間と同程度のスピードだという話なのです。

ええ?! そんなバカな?!

ティラノサウルスって、体長10m以上ある巨大な恐竜なんですけど、それが人間と同程度足の速さと言われてもピンと来ません。1歩歩くだけで、人間の10歩分ぐらい進みそうですが・・・


スポンサーリンク


この記事によると、英マンチェスター大学の研究チームによる、コンピューター・モデルを使った最新の研究の成果では、どうやらティラノサウルスの走る速さは速くても27キロ前後だというのです。体重に対する骨格の強度がそれほどでもなかったらしく、それ以上のスピードで走ると、足の骨が粉々に砕けてしまう、ということなんですね。

これはあれですか。競走馬・トウカイテイオーの足が速すぎて、何回も骨折したのと同じ?!

 

ティラノサウルスとは?

とりあえずここで、恐竜・ティラノサウルスについて、若干説明しておきます。

ティラノサウルスというのは、約7000万年前〜約6600万年前に北アメリカ大陸で生息していたという大型の肉食恐竜です。これまで発見された多くの化石から、体長が13m前後、体重は7~9トンと推測されています。

ティラノサウルスという属名は「暴君竜」という意味であり、恐竜のなかでももっとも凶暴であったと言われています。

シカゴのフィールド自然史博物館にて展示されているティラノサウルスの標本「スー」。Fritz Geller-Grimm, CC BY-SA 2.5, via Wikimedia Commons

この写真を見る限り、大きい割にスマートなので速く走れそう。今更ですが、恐竜って二本足で立つんですね。しかも、不釣り合いなぐらい腕が短いです。これじゃ、頭がかゆくてもかけないですよね?

ティラノサウルスが動いているCG動画を見つけたので、シェアします。

 
こ、これはすごい・・・(唖然)
めっっちゃリアルですね!
(やっぱり腕は短い)

この動画では、軽快に走っていますが、最近の研究では、「そうではなかった」ということなんですね。

 

検証! ティラノサウルス VS ウサイン・ボルト

さて、仮にティラノサウルスの走る最高速度が時速27キロとして、人と競争したらどうなんでしょう?

人類で最も足が速い人と言えば100m走の世界記録保持者ウサイン・ボルト氏ですが、その記録は、100m 9秒58。これを時速に換算すると、、

時速37.6キロ!

なんと人類の勝利?!

でも100m走って追いつかれたら意味が無いので、もっと長距離で比較しないとダメかな。


スポンサーリンク


800m走の世界記録保持者はデイヴィッド・レクタ・ルディシャ氏で、800m 1分40秒91。これを時速に換算すると、、、

時速28.5キロ!

うおっ!
ティラノサウルスが時速27キロなので、これだとギリギリですね!

うーん、世界記録ホルダーでギリギリかあ~
これは一般人が襲われそうになったら、やっぱり逃げ切れないかもしれませんね(^_^;)

 

検証! ティラノサウルス VS ヒグマ

最近、札幌市内でヒグマの目撃例が多く、かなり恐ろしいのですが、ティラノサウルスとヒグマでどちらが速いかという、何の役にも立たない無意味な検証をしてみましょう。

ちなみに、ヒグマが走っている映像があったので、シェアします。

 
め、めちゃくちゃ速くない?!(゚▽゚;(゚▽゚;
これ、本気で走ったらもっと速く走れそうですよ?!
ティラノサウルスの映像より身近なだけ怖いいんですけど!!

こんなのが札幌の街の中に現れているのか・・・、恐ろしい。

ということで、(あやうく話が逸れるところだった)
そんなヒグマの走る速度ですが、調べてみると、時速50~65キロということです!!

なんとティラノサウルスの2倍の速度!!
ヒグマ圧勝!!

これは、
ティラノサウルスが闊歩するジェラシックパークより、
ヒグマが闊歩する札幌市内の方が危険だという結論でいいです?!(爆)

(話の趣旨が変わってしまったような・・・)


スポンサーリンク