旭川駅前の元西武A館跡にツルハが17階建ての複合ビルを建設。2021年秋開業へ

2020年1月11日

昨年(2019年)11月に撮影した旭川駅前と買物公園

この写真は昨年(2019年)11月に撮影した旭川駅前広場と買物公園です。ちょうど雪の日でした。
私は子供の頃、旭川市に住んでいたのですが、今の買物公園を見ると寂しい限りです。人があまり歩いていませんし、なんと言っても、駅前の西武デパートがありません。この写真で正面右側に見えるのが解体工事中の西武デパートB館です。かつて11階まであった建物も、この段階では5階ぐらいの高さになっていますね。この写真からもう2ヶ月が経過しているので、さらに低くなっていることでしょう。

小学生の頃、ときどき家族で西武デパートに行って、最上階のレストラン街で食事をしたのを今でも覚えています。当時、外食なんて滅多にできなかったので、私にとってはビッグイベントでしたね。それ以外にも、本屋さんやおもちゃ屋さんも充実していたので、旭川に住んでいた高校時代までの間は結構お世話になった建物です。

この写真ではすでに無くなっていますが、そのB館の向こう側にかつては西武デパートA館がありました。当初はAMS(アムス)というデパートとして建設され、その後西武と統合し一時は「西武アムス館」と呼ばれていた建物です。ふたつのデパートが渡り廊下で繋がったときは、旭川がものすごく都会になったような気がしました。


スポンサーリンク


さて、前置きが長くなったのですが、今回はその旧西武A館の跡地の話です。
今朝(2020/1/10)の北海道新聞に掲載された情報ですが、この旧西武A館の跡地にドラッグストアチェーンで有名なツルハが複合ビルを建設することが決まったらしいです。なんと17階建てビルだということです。

2017年にツルハがこの土地を購入したことが報道されており、買い物公園には「ツルハ旭川中央店建設予定地」という看板が立っているのですが、そんなに大きなビルを建てるとは驚きです。


※建設予定地(旭川市1条7丁目)のストリートビュー。
 2020/1/10現在で、2019年6月の状況が表示されていますが、
 「ツルハ旭川中央店建設予定地」という看板があります。

証拠画像 ※Googleストリートビューから引用

 
17階の建物なんて、旭川市に他にあるんでしょうか? 調べておりませんが最大級の建築物になるのは間違いなさそうです。

新聞記事によると、17階のうち、

・1階  ツルハドラッグとテナントのカフェ
・2階  テナントの飲食店とフィットネスジム
・3~17階 ビジネスホテル

という構成になるようです。あわせて、すぐ隣に立体駐車場も建てるとか。


スポンサーリンク


低層階にカフェや飲食店というのは良いですね。西武デパートの飲食店は10階だったので、眺めは良かったですけど、急いでいるときには利用しにくかったです。

それにしても、西武のような大手でもやっていけなかった場所に、こちらも大手とはいえ北海道ローカル企業が大きな箱物を建てて大丈夫なのかという不安はありますよね。正直、今の買物公園は週末でもあまり人が歩いていません。隣接する一条通はバス停がたくさんありますので、夕方は仕事帰りの人が結構歩いていますが、こんな一等地での飲食はそれほど期待できないでしょうね。

まあ、それを見越しての「ホテル」という選択なのかもしれません。市民ではなく、年々増えてきている外国人観光客をターゲットにしているということでしょうか。そういえば、夏に函館に行ったとき、ベイエリアの観光スポットのど真ん中にサッポロドラッグが大きな店を出していて驚きました。

地元の方に話を聞いたら、外国人観光客がドラッグストアで大量に買い物をして帰るらしいです。
海外旅行でドラッグストア??
ちょっと私には解らない感覚ですが、そういう需要があるってことですね。

そう考えると、旭川駅前の一等地でツルハドラッグを展開するのは、勝算があるんでしょうね。実際、現在もその向かいのビル(旧長崎屋の場所)でツルハは営業していますし。

とりあえずオープンは2021年秋ということなので、楽しみに待ちましょう。
新しい旭川の顔になることを期待しています!
 


スポンサーリンク