ニンテンドークラシックミニとレトロフリーク、その他ファミコン互換機

2019年10月22日

2016年11月10日に発売になった「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。我が家でも「欲しい」という声がありましたが、まさかこんなに人気商品になるとは。

今日(2017年1月24日)現在、ネットの通販サイトをいろいろ見て回りましたが、定価で売ってる店は全て「在庫無し」。「新品」と称して売っていて在庫がある店は全部プレミア価格だかなんだかの転売屋さん。定価の約1.5倍ぐらいで売っています。

ヤフオクなどで転売されるならまだ分かりますが、楽天やAmazonに出店しているような店がそのようなことをして許されているのはどうなのか? まあ、「早く欲しいので高いことを承知で買う」なら双方にメリットがあるかな良いのかな? なんとなく腑に落ちませんが・・・・


スポンサーリンク


さて、そんなわけですっかり熱が冷めてしまったのですが、いろいろ調べていくうちに、任天堂じゃないメーカーが売っているファミコン互換機が色々あることに気がつきました。

88種類前後のゲームが内蔵されている上に、手持ちのカセットを入れて遊べるもの(FC COMPACT)とか、内蔵が118種類だ(プレイコンピューターレトロ)とか、それがポータブル型になっているもの(FC POCKET)とか。しかも価格が3000~5000円ぐらい。なんでこんなに安いんだろうと思って、よく見てみたら、内蔵のゲームが微妙な感じで・・・。118種類のゲームのうち、私が知っているゲームはひとつもありませんでした。出自は謎ですが、少なくとも日本で発売されたゲームではありませんね。

そんな中で、「え? こんなものが本当にあるの?!」とかなり驚いた製品がありました。ちょっと高額なのですが、これはおそらく「買い」だと思います。画像は楽天にリンクしています。

◆レトロフリーク(CYBER Gadget)

これはすごい。
ゲームが最初から内蔵されているわけではないものの、なんと、

11機種のゲーム機のカセット(カード)が使える

のです!

【対応ゲーム機】
・ファミリーコンピュータ
・スーパーファミコン
・Super Nintendo Entertainment System(NTSC/PAL)
・ゲームボーイ
・ゲームボーイカラー
・ゲームボーイアドバンス
・メガドライブ(NTSC/PAL)※
・GENESIS(北米版メガドライブ)
・PCエンジン
・TurboGrafx-16(海外版PCエンジン)
・PCエンジン スーパーグラフィックス

11機種と言っても多少被っていますが(笑)、オプションを購入することで、さらに4機種のカセットが使えるようになるらしいです。

いやあ、すごいすごい。我が家には、PCエンジン、メガドライブ、スーパーファミコンのカセット(カード)が大量にあるので、それらが全部遊べるってことですよね。

でも、このゲーム機の真髄はここからです。なんと、

カセットのゲームを本体に保存(インストール)できて、次からはカセット無しで遊べる

のです!!

最後までは言いませんが、これによってどういうことが出来るかは想像できますよね?
大丈夫か、このゲーム機(^_^;) いずれ販売中止になるんじゃ・・・

その他クイックセーブ機能などいろいろな機能があるので、詳細は公式サイトで確認してください。

【レトロフリーク公式サイト】

この記事を書いていたら、本当に欲しくなってきました。
さっそく家族会議だな。


スポンサーリンク