アメリカ国防総省が未確認飛行物体の映像(2004・2015)を公開。その正体を考えてみる。

2020年5月25日

今朝はすごいニュースが飛び込んできましたね。正直、コロナウイルス関連のニュースばかりで憂鬱になっていたので、これは新鮮に感じます。

米国防総省が公開したUFOの画像(ニュース動画より引用)

 

アメリカ国防総省がUFOの映像を公開

2020/4/27、アメリカ国防総省が何の前触れもなく未確認飛行物体、いわゆるUFOの映像を公開しました。

 
Youtubeにも別のニュースサイトのものが乗ってましたのでシェアします。こっちの方が動画としては長いです。


スポンサーリンク


 
え、ナニコレ?!

いや、何かと言われるとUFOですよね。未確認飛行物体。念のために書いておきますが、「宇宙人が乗っている飛行物体」とは誰も言ってませんので、ご注意をお願いします。

公表されている情報は以下の通り。

・映像は2004年と2015年に撮影されたものである
・撮影したのはアメリカ海軍
・赤外線カメラで撮影したもの
・撮影場所は西部カリフォルニア州沖や東海岸の大西洋岸
・「なんてこった」「回転してるぞ!」などと驚く男声の声も記録されている
・米国防総省も「正体がわからない」

 
これまでも、アメリカはUFOや宇宙人に関する情報をたくさん隠蔽している、という陰謀論のような噂がいろいろありましたが、国防総省が公式にこういう情報を公開するのは珍しいです。(というか初めてでは?)

この映像、以前ネットで話題になっていたような気がします。前回のはコッソリ流出してしまったもので、今回は正式な公開なのかな?

これにしてもリアルですよね。これは明らかに我々が知っている物体ではないです。こういう映像はワクワクしますね!

 

未確認飛行物体の正体を検討してみた

さて、この飛行物体は一体何なのか?!
ちょっとだけ考えてみましょう。

 
(1)生物の可能性

映像が何種類かあって、それぞれが同じものとは限らないですが、機械的な動きをしておりますし、かなり高速で飛行しているように見えるので、鳥などの生物では無いように思います。形はズングリしていて、なんとなく生物っぽいですけど(笑)

 
(2)機知の航空機である可能性

航空機が飛行するには許可が必要なので、あとからいくらでも確認ができます。国防総省が「わからない」と言っている以上、普通に許可された飛行をしている航空機ではないですよね。非公式に飛んでいる航空機の可能性は捨てきれませんが、この映像を見る限り、加速、減速が一瞬で行われているように見えるので、一般的な航空機の動きではないと思います。


スポンサーリンク


 
(3)極秘開発された航空機である可能性

公式の航空機であれば国防総省が調べられないわけがありませんので、誰にも知られず極秘に開発された航空機という可能性があります。ただ、この動画の撮影年が2004年と2015年ですので、今から16年前の話ですよね。17年間も極秘のまま運用されているというのはちょっと難しいような気がします。

それと、この動画だけの情報ではスケールがわからないのですが、一瞬で加速したり、その場で回転したりしておりますので、人が乗れるような大きさの航空機でこんな動きをするのは、オーバーテクノロジーのような気がします。

 
(4)ドローンなどの無人の飛行物体である可能性

今のところ、これが一番可能性が高いように思います。どこかのメーカーか組織が極秘に開発中の無人航空機、いわゆるドローンですね。それなら軽量化が出来ますので、上記のような複雑な動きも可能かもしれません。

ただ、ここでも2004年というのが引っかかりますのね。16年も前にそんな無人操縦の技術があったかどうか・・・

 
(5)未来から来たタイムマシンである可能性

キタキタキタ! いきなりトンデモ科学に(笑)
今までのマジメな話は何だったんだって感じですが・・・
昔からよく言われていますよね。ときどき姿を見せるUFOは宇宙人のものではなく、未来の人類が作ったタイムマシンなのだ、という話。

仮に、本当に「仮に」ですけど、未来の人がタイムマシンを完成させたとすると、歴史を変えないようにコッソリと上空から観察しているというのはあり得る話なんですよね。しかも、同じ機体で2004年も2015年も行き放題です。筋は通る話ですよね。

ただ、高度な科学力を持った宇宙人が地球に来る可能性と、未来の人類がタイムマシンを発見する可能性、どっちが高いんでしょう??

 
(6)宇宙人(地球外生命体)の宇宙船である可能性

ということで最後の可能性は、みんな大好き宇宙人です(笑)
私がこの映像を見て最初に思ったことは、「こんな動きが地球の技術で可能なのか?」ということです。上のYoutubeの動画の最後の部分で飛行物体がホバリングしながらその場で回転するんですよね。

その場で回転するUFO(動画より抜粋)

この動き、どんなシステムを利用すれば可能になるんでしょう? まるで宇宙空間にいる探査機はやぶさが、姿勢制御用リアクションホイールを使って回転したような感じです。

これが今の地球上にある技術で実現できるのでしょうか?
 
このことから、私は、
 
・めちゃくちゃ軽い機体の無人機
・未来の地球人が作ったタイムマシン
・高度な科学技術を持つ地球外生命体の宇宙船
 
このどれかではないかと思っています。
 
 
あと、今回の話の一番の謎は、アメリカ国防総省がなぜ今この映像を公開したか、という点なんですよね。だって、2004年と2015年ですよ? 寝かせすぎです。
 
永遠に寝かせるのでは無く、今公開したということは、、、
 
もしかしたらこのあと何かがあるのかもしれませんね(ニヤリ)


スポンサーリンク