任天堂「ゲーム&ウオッチ」復刻? え?スーパーマリオが遊べる?

いやいや、任天堂さん、やってくれますね。
最近、レトロゲーム機の復刻版が流行っていますが、なんと今度は「ゲーム&ウォッチ」の復刻版を発売するようです。

任天堂「ゲーム&ウォッチ」復刻版のイメージ。公式動画より引用

 

任天堂「ゲーム&ウオッチ」の復刻版が発売

任天堂ゲーム&ウォッチ。懐かしいにもほどがあります。私は「ファイヤー」「バーミン」「ピンボール」の3種類持っていました。最初のは1980年ですか。40年前!!

当時はめちゃくちゃ画期的だったんですよ。発光ダイオードを使った電子ゲームがありましたが、液晶を使ったゲームってこれが初めてだったんじゃないかな。しかも、あり得ないほどコンパクトでオシャレ。世界で5000万個も売れたらしいので、それがどれだけ画期的だったかがわかりますよね。


スポンサーリンク


ただ、残念ながらそれは今から40年前の世界の話です。最初、ニュースサイトでこの記事の見出しを見て、

「ゲーム&ウオッチ復刻? 面白そうだけど、あのレベルのゲームを欲しいと思うのって、ノスタルジー以外にあり得ないな」

と思ったんですよね。ゲームが単純すぎて、5分で飽きることが確定です。そんなことを思いながら記事を読んでいくと・・・

第1作の「ボール」に加え、発売35周年を迎える「ファミリーコンピュータ」向けソフトの「スーパーマリオブラザーズ」、「スーパーマリオブラザーズ2」の三つのゲームを搭載している。
ニュース記事から引用

 
ほうほう、なるほどスーパーマリオも遊べるのか、、、

は?! スーパーマリオ?!Σ( ̄□ ̄ノ)ノ

な、なにやってるんだ任天堂!!

 

 
すごい・・・
見た目はほぼ初代ゲーム&ウォッチなのに、画面の中は紛れもなくスーパーマリオだ。なんてシュールな映像なんだ。

これ、任天堂公式動画じゃなかったら誰かが作ったコラージュだと思ってしまいますね(笑)

 

遊べる内容とハードのスペックの釣り合いがとれてない

考えれば考えるほどすごいですね。
何が一番すごいって、、、

2.36インチフルカラー液晶を搭載し、
スーパーマリオ&スーパーマリオ2が動くほどのコンピュータを搭載し、
USB Type-Cの給電とリチウムイオンバッテリーを搭載し、
重さを68gまで軽量化するという素晴らしいマシンボディを用意しておいて、

ボールとスーパーマリオ1・2しか遊べない!!

んです!!

なんというハードの無駄遣いを・・・・(汗)

ファミコンレベルのゲームを10個ぐらい入れても良かったのでは?!
少なくとも当時発売になったゲームウォッチのゲーム「ボール」「フラッグマン」「バーミン」「ファイア」「ジャッジ」ぐらい全部入れてしまっても良かったのでは・・・

あっ! そうか、なるほど!!(← 今思いついた)

これ、シリーズ化して次々出そうとしていますね?!( ̄ー ̄)ニヤリ

商品名も「ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ」ですものね。

そのうち、「ファイア」と「グラディウス」が遊べる、みたいなのが出たりして??
(注意:グラディウスは任天堂ではありません)
 
それでもハードの無駄遣いには変わりありませんが、それは消費者側の感想であって、販売側はたくさん数が売れた方が良いですね。私としては、MicroSDみたいなカードでソフトを販売して、それを入れ換えることでいろんなゲームが遊べるハードにすれば良かったのでは、と思いますが、この企画は多分そういうことじゃないんだな・・・

 
余談。
当時のCMでは、真ん中の「&」は発音していなかったので、私は(というか当時を知っている人のほとんどは)「げーむうぉっち」を読むと思うのですが、今回の販促動画は「げーむあんどうぉっち」と言ってますね(笑)

げーむあんどうぉっち・・・、めちゃくちゃ違和感あるな。

 
とまあ、いろいろ言いたいことはありますが、発売は2020年11月13日(金)価格は4,980円+消費税です。2021年3月末までの期間限定生産らしいので欲しい方は注意してください。公式サイトへのリンクを貼っておきますね。

■任天堂公式「ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ」
https://www.nintendo.co.jp/hardware/gamewatch/


スポンサーリンク