CD/DVDラベルの印刷ができる格安プリンターを比較してまとめてみた2019年12月

2020年1月7日

プリンターCANON PIXUS MG6130がついに壊れた

プリンターが逝ってしまいました。年賀状の宛名印刷をする前に(爆)
とはいえ、愛機CANON PIXUS MG6130は2011年の製品なので、逆によくここまでもってくれた、という感じですね。今時2万円以下の格安プリンターを8年も使う人がいるんだろうか。ちなみに、6色インクのインクジェットプリンターです。

・半年ほど前から、写真印刷に筋が入るようになった
・1ヶ月ほど前から、青色が1cm幅の横縞に印刷されるようになった
・年賀状の宛名印刷をしようとしたら、手差しトレイの紙送りが不安定で、3回に2回はエラーが出るようになった

という感じで、、、
すでにカラープリンターとしては使えていなかったのですが、モノクロ印刷なら問題なかったので、そのまま使っていました。でも、紙送り機構に障害が出たらもう終わりですね。一応、前面トレイの薄い普通紙は大丈夫ですが、ここまで用途が限定されるとさすがに不便すぎです。

ということで、ここ数日、新機種をいろいろと勉強したので、備忘録代わりにシェアしますね。

 

最近の(格安)インクジェットプリンターの傾向

主要メーカーの公式サイトと価格コム、アマゾンをメインにスペックや価格、レビューがなどを調べました。調査にかけたのは3日程度ですが、正直に言いますと、少々疲れました。なぜかというと、「これっ」というのが無く、「どこを妥協するか」という選び方しかできないからです・・・・


スポンサーリンク


カラーインクジェットプラインターは、安いところで5000円ぐらいから買えてしまい、上を見ても4万円ぐらいしかしません。高い製品が良いのかと聞かれると正直なにが違うのかよくわからないという。

全機種に共通して言えるのは、どの機種もレビューにおいて、一部の人が散々な書き込みをしていることです。ここまでひどいジャンルは珍しいかも。それだけ、「誰が買っても満足するプリンター」という製品が無い、ということなんだと思います。

レビューでよく言われていることは以下の点です。

『インクの高い(減りが早い)』
『印刷までの待ち時間が長い』
『たいした使わないうちに壊れた』

特にインクの値段に関してはほとんどの機種で多くの方が言っています。壊れやすいのも多分本当なんだと思います。私も写真がキレイに印刷できていたのは、最初の3年ぐらいです。

これらのレビューを読んでいくうちに、私には解ったことがあります。

・プリンターは消耗品である。どうせ壊れるんだから安いのを買うべき
・印刷がキレイなのは最初だけなんだから、安い互換インクで十分である

   by Noah

3日間悩んだ末にこれに気がついて、とても気が楽になりました(笑)

とはいえ、私が使う上で必要な機能は有していないと困ります。私が譲れない部分は1点。「CD/DVDのラベルが印刷できること」です。とりあえず、1.5万円以下の格安プリンターの中で、CD/DVDのラベルが印刷できる機種をピックアップしてみました。

 

CD/DVDのラベルが印刷できる格安プリンター一覧

※2019/12/30の価格コムのデータを参考にしています。

■キャノン製品

CANON PIXUS TS8230
14,175円(税込み)
2018/8/2発売

CANON PIXUS TS8130
13,048円(税込み)
2017/8/31発売

CANON PIXUS TR703
13,286円(税込み)
2019/4/19発売
*スキャナ無し

■エプソン製品

EPSON カラリオ EP-881A
16,200円(税込み)
2018/8/29発売

EPSON カラリオ EP-811A
12,800円(税込み)
2018/8/29発売

EPSON カラリオ EP-810A
15,500円(税込み)
2017/8/28発売

EPSON カラリオ EP-712A
13,056円(税込み)
2019/7/25発売


スポンサーリンク


EPSON カラリオ EP-709A
13,040円(税込み)
2016/9/1発売

EPSON カラリオ EP-306
11,936円(税込み)
2013/9/3発売
*スキャナ無し

■ブラザー製品

ブラザー プリビオ DCP-J982N
10,881円(税込み)
2019/8/21発売

ブラザー プリビオ DCP-J978N
12,644円(税込み)
2018/9/3発売

 
こんなところでしょうか?
とりあえず、「安いこと」「CD/DVDのラベル印刷ができる」という共通点のみで集めています。
あとで時間があればその他スペックを追記しますね。

そういえば、一時期格安プリンターと言えばHPだったのですが、まったく見なくなりましたね。プリンターはもう作ってない?

 

各社のプリンターの比較とまとめ

さて、これらを比較してまとめますね。

まず、このクラスのキャノンはすべて6色インクです。キャノンの良いところは、写真印刷用に染料インクを5色、文字印刷用に顔料インクを1色(黒)用意しているところです。

写真印刷だけをみるとエプソンの方がキレイだと思うのですが、文書の印刷をさせるとキャノンに軍配が上がるように思います。顔料インクは普通紙でも滲まないですからね。

私もカメラマンなので、写真はキレイな方が良いですけど、上にも書いた理屈で「キレイなのは最初だけ」という割り切り方をすれば、汎用性があるキャノンの方が良いのかなと。

あと、今回調べていて、ブラザーが意外と良い製品を作っているように思いました(実物は見てませんが)。インクも安いですし、他社より長持ちする、というレビューが多かったです。ただ、ブラザーは4色インクしかないので、写真の表現力ではキャノン、エプソンにはかなわないでしょうね。

それと、これらの中から一台を決めるに当たって、大事なことは「何を印刷するか」ということですね。
もちろんCDラベルは印刷するんですけど、それ以外に、A4普通紙がメインなのか、L判写真専用紙が多いのか、ハガキが多いのか、封筒とかも印刷するのか、です。

エプソンの一部の機種は背面に給紙トレイが無く、前面トレイしか無いので要注意です。前面トレイの紙はローラーで180度反転してから印刷されるので、薄い紙しか印刷できません。

私は年賀状について印刷屋さんで写真入りのを作ってもらうのですが、光沢シールを貼り付けるタイプの年賀状があり、かなり分厚くなります。これを宛名印刷するとなると、おそらく前面トレイでは無理でしょうね。封筒とかのペーパークラフトなどの厚紙を印刷する人も要注意です。

あと、エプソンとブラザー背面トレイは、なんと「一枚ずつしか挿入できない」という仕様になっています。(あくまでもこの価格帯は、です。上の方の価格帯は未確認)
30枚の厚手のハガキを印刷しようとすると、つきっきりで、一枚一枚トレイに乗せていくことになりますね。その点、キャノンは数十枚を一度に乗せることができます。

そういうことを考えて行くと、私にはもうキャノンしか無いのでは、と思っています(笑)

キャノンの
・PIXUS TS8230
・PIXUS TS8130
は、年代が一年違うだけで、中身をほとんど一緒のようです。TS8330という今年発売の最新版もあるのですが、2.3万円ぐらいでしたし、スペックがほとんど一緒なので、上の2者のどちらかでいいと思います。

 
とりあえず、今年の年賀状は終わったので、もう少しゆっくりと調べてから買おうと思います。
でも、もう価格コムとかは見飽きるぐらい読んでしまったのでどうしたものか・・・


スポンサーリンク