JR札沼線(学園都市線)廃止前の臨時列車の運転日とダイヤ(石狩当別~新十津川)【追記あり】

2020年4月17日

JR新十津川駅に停車する石狩当別行き普通列車(Wikipediaより引用)

 
JR北海道の札沼線(学園都市線)の北海道医療大学駅~新十津川駅間が廃止になりますね。コロナウィルスの影響で前倒しの可能性もあるようですが、今のところ2020年5月6日が最終日になる予定です。

廃止までの経緯は以下の記事を参考にしてください。


スポンサーリンク


そこでJR北海道は、4月11日より廃止前の臨時列車を運転しているようなので、その情報をシェアします。
※この記事は2020/4/14時点での情報です。ご注意ください。

 

札沼線臨時列車の運転日とダイヤ

臨時列車の運転日は2020/4/11以降5/6までの土曜日・日曜日・祝祭日になります。
通常ダイヤでは浦臼~新十津川間は1往復の運転なのですが、当該日はもう1便増便になります。浦臼駅折り返し運転の一便が新十津川折り返しに変更になる形です。また、通常、石狩当別発着の浦臼行き、新十津川行きの列車は1両編成なのですが、当該日は2~5両編成になるようです。

ただし、コロナウイルスの感染防止のため、5/2~5/6は全列車座席指定となり、指定席料金がかかるようです。指定席券の発売日はまだ未定です。

臨時列車の時刻表は以下のとおり。

札沼線臨時列車の対象日とダイヤ(JR北海道のウェブサイトより引用)

 ※詳細はJR北海道のサイトで確認してください 【こちら】

 

70年ぶりの駅弁復活などの見所も

ふむふむ。

通常は新十津川まで行こうとすると石狩当別7:45発の列車に乗る必要があるのですが、臨時列車の運転日は、石狩当別11:45発の列車でも良いのですね。しかも新十津川での折り返し列車まで1時間近くあるので、ゆっくりと駅やその周辺を見られますね。これば良いです。天気が良ければサイコーですね。

また、石狩当別駅では、町内の飲食店である田西会館さんが駅弁の立ち売りを始めたみたいです。幕の内弁当と豚丼の2種類でいずれも1000円。駅のホームで朝7時ぐらいから販売しているそうです。昭和初期に、同じく田西会館さんが石狩当別駅で駅弁を売っていたということで、実に70年ぶりの駅弁復活とか。これも見所の1つですね~

あと、特筆すべきは列車の編成。5/2~6の間は新十津川行きの列車がなんと5両編成!! ほとんど1両編成しか見ることができなかった札沼線を5両編成が走るなんてレアもいいところですね! カメラマン魂に火がつきます!

いやあ、普段、学園都市線で通勤している私としては、是非この臨時列車に乗りたいです。駅弁食べながら車窓から空知の田園風景を眺めたい。コロナウイルスの不安が無ければ絶対に乗るんですけど・・・・。

せめて運転日に写真を撮りに行こうかな。各駅停車なので、平行する国道275号線を走れば何カ所かで撮影できそう。

 
なお、改めて書きますが、JR北海道は新型コロナの感染拡大を考慮し、最終列車の前倒しを検討しています。ここに記載した情報はあくまでも2020/4/14現在の情報なので、利用を考えておられる方は、事前にJR北海道の公式サイトでご確認ください。
 

 
 
願わくば、前倒しなどにならずに、最後の勇姿をしっかりと見せてもらいたいですね。

【追記2020/4/16】
この記事を書いた翌日にJR北海道から発表がありました。札沼線の廃止を前倒しするそうです。
札沼線・石狩当別~新十津川のラストランは2020/4/24です。

詳細はこちらを。
札沼線( 北海道医療大学・ 新十津川間) 最終運行について

 
【追記2020/4/17】
なんと、さらに予定変更で本日4月17日がラストランだったようです(涙)
急すぎる・・・・

 


スポンサーリンク