なんとトムとジェリーが映画化!しかも実写!2021年全米公開も日本での公開は未定

トムとジェリーが実写映画化! PV公開

これはびっくり。というか、かなり強烈です。
現代でも知らない人はいない昭和の名作アニメ「トムとジェリー」が、なんと80年の時を超えて映画化されるようです。

とりあえず、驚きのPV(予告編)を見てみましょう。

 
すげー、すごいよ、これ。


スポンサーリンク


トムとジェリーと、クロエ・グレース・モレッツが共演している!!

 

実写とアニメのハイブリッド

いやいや、まだ衝撃から抜け出せておりませんが、簡単に解説を。

2020年11月18日、すなわち昨日、米ワーナー・ブラザースが映画版「TOM & JERRY」の予告編を公開しました。

監督:ティム・ストーリー
主演:クロエ・グレース・モレッツ
   マイケルペーニャ
   ロブ・デラニー
   コリン・ジョスト
   ケン・チョン

トムとジェリーや動物たちはアニメ、その他は実写というハイブリッド方式の映画ですね。単純にフル3DCGの映画にするという手もあったのでしょうが、あえて昔のトムとジェリーのイメージを残すアニメと実写の融合版にしてきました。私はあまり3DCGが好きでは無いこれは大歓迎です。

というか、この予告編PVを見ると、かなりクロエに持って行かれているような気がします(笑)

 

映画「TOM & JERRY」のあらすじ

まだ詳細は公表されておりませんが、予告編の解説によるあらすじは以下の通りです。

本作の舞台はニューヨーク。トムとジェリーは世紀に一度の結婚式の前夜、その会場となる高級ホテルに越してきた。失敗できない重要イベントを前に、ホテル側は「ねずみ(=ジェリー)問題」を抱えていた。そこでジェリーの駆除を任された新人従業員ケイラ(クロエ・グレース・モレッツ)は、クビを恐れて野良猫のトムをホテルに放つことにする。しかし、ねずみ問題の裏では、ホテルの副支配人テランス(マイケル・ペーニャ)が悪だくみを企ていて…。

※引用元はこちら

  

トムとジェリーのバトルは健在

それにしても、トムとジェリーが始まったのは1940年なんですね。私が小さい頃からありますが、その時点でかなり古いアニメだったってことですか。そんな古いアニメを何故映画化しようと思ったのか、とても興味深いです。追々、いろんな情報が出てくることでしょう。

この予告編を見た感じでは、このシリーズの見所の1つである、猫のトムとネズミのジェリーによるドタバタバトルは健在のようです。今の世の中だと「動物虐待」とか言われそうですけど、このアニメに関しては、あまり難しく考える必要はないと思うんですよね。

でも、予告編を見た感じでは、やっぱり見所はクロエとトム&ジェリーの共演ではないでしょうか?

クロエ・グレース・モレッツとジェリーが同じ画面に。(予告映像より引用)

これは何度見てもシュールです。夢に出てきそうだ。

ドタバタしているだけではなく、あたりまえですがちゃんとしたストーリーがあるようなので、その中にトムとジェリーがどのように組み込まれるのか、楽しみですね。

 

日本での公開は未定

さて、私たちはいつこの映画を見られるのか?
アメリカでは「2021年公開」ということが公表されておりますが、日本での公開は発表されておりません。今の段階で発表されていないということは、2021年前半ということは考えにくいですよね。早くても2021年の秋以降でしょうか?

このような古いアニメのリメイクは賛否両論あると思われますが、私は単純に「新しいトムとジェリーのお話」が見られることを喜んでいます。これは楽しみです!
 


スポンサーリンク