人口1万人あたりの焼肉店の数ランキング。北海道の北見市と砂川市がベスト5にランクイン

6月に我が家で行った札幌市内の焼き肉屋にて撮影

人口1万人あたりの焼肉店の数ランキング

今日、Yahooでこんなニュースを見つけました。

 


スポンサーリンク


この記事自体は、「長野県飯田市の焼肉文化がすごい」というお話なのですが、興味深いデータが載っていました。「人口1万人あたりの焼肉店の数ランキング」です。

【人口1万人あたりの焼肉店の数ランキング】
1位 長野県飯田市 5.07人(52軒/10.26万人)
2位 北海道北見市 5.05人(60軒/11.88万人)
3位 沖縄県石垣市 4.66人(23軒/4.939万人)
4位 北海道砂川市 4.61人(8軒/1.736万人)
5位・高知県宿毛市 4.30人(9軒/2.094万人)
※2019年1月末時点のデータ/引用元はこちら

これ、すごいデータですね。

焼き肉店の数はiタウンページで拾ったそうなのですが、このランキングを出すためには、全国の市の焼き肉店の数と人口を調べなければなりません。人口はどこかに一覧があると思いますが、焼き肉店の数はひとつひとつ拾わなければなりませんので、膨大な作業ですよね。6位以下を知りたかったので、自分で調べてみようかと思い、その作業量に気がつき断念しました(笑)

で、なんと、全国の5位までに北海道の市が2つも入っている!!
しかも、北見市惜しい! もう1軒多ければ1位だった!

 

北海道北見市は焼肉で有名

そうなんです。北海道の道東にある北見市は焼肉で有名なのです。
(長野県飯田市の話は上で紹介した元記事にいろいろ書いてありますので割愛します)

繁華街にある「四条ホルモン」や「味覚園 総本店」を筆頭に、美味しい焼き肉屋さんがたくさんあるんですよね。

北海道でもっとも焼肉店が多い街という話は聞いたことがあるんですが、全国的に見ても限りなく1位に近い2位なんですね。これはびっくりです。

なぜ北見に焼肉店が多いのか? もちろん、北見市民が焼肉好きだということなんですが、これは、昔、北見駅の裏側に屠畜場(家畜を殺して解体し、食肉に加工する施設)があり、新鮮な肉がいつも身近にあったためだと言われています。(北見市観光協会のウエブサイトより)

 

砂川市のランクインは意外

で、問題は第4位の砂川市。
もしかしたら失礼にあたるかもしれないのですが、砂川市の焼肉ってピンと来ません(^-^;)

「銀座園」という焼肉屋さんがあるのは知っていましたが、他にもたくさんあったんですね。焼肉好きの市民が多いのかな? 隠れた名店とかあるのかもしれませんので、今後いろいろと調べてみたいと思います。

砂川というと、北菓楼(きたかろう)を始めとするスイーツ関連のイメージが強いですね。岩瀬牧場のジェラートとかも美味しいです。

 

私の一推し焼肉店は旭川の炭やと帯広の平和園

私が大好きな焼肉店は、旭川市にある「炭や」と帯広市にある「平和園」です。
まあ、どちらも有名なのでご存じの方も多いと思いますが、クセが無く、誰でも楽しめる店だと思います。札幌にも支店があるので、近くの方は試してみてください~。
 


スポンサーリンク