驚愕!北海道石狩市浜益のトンネル内にクマが入っていた。国道が5時間通行止めに

2020年9月30日

石狩市浜益の浜益トンネルに入り込んだクマ

 

石狩市浜益のトンネル内にクマ

 
これはびっくり。
北海道石狩市の国道のトンネルの中にクマが居たそうです。

まずは動画があるのでご覧ください。


スポンサーリンク


 
これ、もし自分が遭遇したら心臓が止まりそうになりますよ。子グマだったからまだ良いですけど、大きなクマだったら車の中に居ても危険です。トンネルだと引き返すのも難しいと思いますが、できるだけ距離をとった方がよいです。

これは8月29日の出来事で、午後10時40分ごろ、石狩市浜益の国道231号線の浜益トンネル(全長4.2km)で、それを見つけた運転手が通報したそうです。よりによって、なぜこんな長いトンネルの中に入り込んだ・・(汗)

で、当然ながら国道は通行止め。警察がトンネルからクマを追い出す作業をしたようですが、6時間後にトンネル内で死体で見つかったそうです。けが人は無かったそうで、良かったです。(どうやって追い出し作業をしたのかちょっと気になりますが。) 迂回路がないこの国道で5時間の通行止めはかなりの被害ですが、深夜だったからまだ良かったですよね。

それにしても死んでたっていったい何が?
警察が来るまで時間があったでしょうから、その間にクルマに轢かれたのかな?

クマは真剣に走ったら時速60キロぐらい出るそうなので、襲われたらクルマでもバックで逃げるのは無理ですね。こんなところで前から向かってきたらどうしよう? うまくかわせればいいけど、無理だったらクルマが壊れるのを覚悟で体当たりするしかないかも・・・

 

浜益トンネルってどこ?

このニュースで、ひとつ疑問に思ったのが、「浜益トンネルってどこやねん」ということです。

石狩市から留萌方面に抜ける国道231号線は、ずっと海岸線の走る素晴らしいドライブコースなのですが、浜益地区(旧浜益村)のあたりは昔は「陸の孤島」と言われるぐらい断崖絶壁が続く交通の難所でした。この国道を建設するのに、ダイヤモンドを敷き詰めるぐらいお金がかかったということで「ダイヤモンド道路」とも呼ばれています。

そんな危険な海岸線ですから、当然トンネルも多いのですが、そんなに長いトンネルがあったかなーと思い調べてみました。

すると、2016年に完成した新しいトンネルなんですね。旧ガマタトンネルと旧雄冬岬トンネルをつないだトンネルだそうです。

場所はここ。
2020/9現在、GoogleMapには「浜益トンネル」という表記がありません。

国土地理院地図にはありました。

北海道石狩市の浜益トンネルの地図。赤い◎から◎までの4.2kmが浜益トンネル。(国土地理院の地図を引用し改変)

 
長いですね。難所の雄冬岬をすべてトンネルにしてしまったんですね。まさに「よりによって」こんなところに入り込んでしまったクマさん、少し可哀想です。

 
それにしても最近はクマの出没情報が多いです。札幌の国設滝野すずらん公園も閉鎖していますしね。みなさん、レジャーに行く際は注意して行動しましょう。
 


スポンサーリンク