ベピコロンボ探査機が撮影した水星の写真と探査機のツイート

今回は水星探査のお話。
欧州宇宙機関(ESA)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は現在、共同で水星探査計画を進めているのですが、その探査機から写真が届いたようです。

 

探査機からの一枚の写真

これがベピコロンボ計画の探査機から送られてきた写真です。


スポンサーリンク


 
いやあ、リアルですね。フライバイ中の撮影なのですが、こんなに鮮明に撮れるんですね。素晴らしい。

このツイートを意訳すると、

こんにちは、水星さん!
この素晴らしい水星の眺めは、@ESA_MTMさんが水星フライバイをした10分後、2420kmの距離からの撮影したものだよ。

という感じです。

撮影したのが2021年10月1日、このツイートが10月2日。
すごいよ! すごいよ、Bepiさん!(←Twitterアカウントの名前)

はやぶさ2のときも思ったのですが、
水星の近くで撮影した写真が、翌日には世界中に公開・拡散されているなんて、すごい時代になったものです。しかもいつでも見たいときに見られるという・・・。

私が小さい頃はNHK特集とかで放送されるのを楽しみに待っていました。しかも家庭用ビデオというものが無かったので、見逃したら終わりというシビアさです。今の子供たちは幸せですね。

 

ベピコロンボ計画のTwitterアカウントたち

さて、このBepiさんですけど、どうやらこの日欧共同の水星探査計画「ベピコロンボ」の公式アカウントのようですね。

  
で、上のツイートに@ESA_MTMさんという言葉が出てくるのですが、それがこちらアカウント。


スポンサーリンク


 
@ESA_MTMさんが撮った写真があの写真ということですので、@ESA_MTMさんは探査機のことだと思われます。最近流行の擬人化かな?(笑)

実はもうひとつ関連するTwitterアカウントがあって、

 
これはJAXAが運用している水星探査機「みお」の公式アカウントです。これも今流行の「なりきり」ですね(笑)

この水星探査計画「ベピコロンボ」では、「みお」と「MPO」の2台の探査機が用意されていて、2025年に水星軌道に到達するまでは2台が連結されているハズなんですよね。で、連結した状態での推進モジュール(?)の名前が「MTM」だったはず。

なので、今回のこのツイートでは、

わたしたちが見た水星!
@ESA_MTM が撮ってくれた写真だよ!

という表現になっているんですね。これは面白いな!!

 
この水星探査計画は複雑なので、別の機会にゆっくりと説明したいと思います。


スポンサーリンク